パナソニックが経験した車載事業の挫折と復活 売り上げ優先でつまずき、一時は売却候補にも

✎ 1〜 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 7
拡大
縮小

長期間赤字が続いたパナソニックの車載機器事業。注力分野の絞り込みで飛躍を目指すが、死角はないのか。

マツダ車に初めて搭載されたパナソニック製フルディスプレイメーター
マツダ車に初めて搭載されたフルディスプレイメーターはパナソニック製だ(記者撮影)

特集「パナソニックの岐路」の他の記事を読む

パナソニックの車載機器事業に光が差しつつある。2023年3月期に110億円の営業黒字になる見通しだ。津賀一宏前社長(現会長)時代の過剰な投資や受注が影響し、長らく赤字や低収益で苦しんだ「再挑戦事業」がようやく安定回復の軌道に乗り始めた。

車載機器事業はカーナビ「ストラーダ」や車内音響など車室内設備からカメラモジュール、センサーなどの車載部品までを幅広く手がけている。2022年3月期の売上高は1兆628億円で、全社売り上げの15%を占めるパナソニックの主力事業の一角だ。成長につなげるために事業領域の絞り込みも進む。

コックピット領域に注力

マツダのSUV車、CX-60。2022年9月に発売された同車にはマツダとして初めてフルディスプレイメーターが搭載された。手がけたのはパナソニックホールディングスで車載機器事業を担うオートモーティブシステムズ社だ。

同社HMIシステムズ事業部の池田修一ビジネスユニット長は説明する。「カーナビなどの車載用メディア機器を手がけてきたが、コックピット領域とメディア領域が統合され始めている中、ディスプレイメーターは不可欠なキーデバイスになる」。

次ページ開発段階から広島へ
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内