アルプス電気の宮城県内の工場群は稼動再開。福島県内はいまだ操業停止が続く【震災関連速報】

アルプス電気の宮城県内の工場群は稼動再開。福島県内はいまだ操業停止が続く【震災関連速報】

東日本大地震の被害を受けた電子備品メーカー、アルプス電気の東北の工場群のうち、宮城県内の4工場では生産ラインが再稼働した。ただ、福島県の工場はいまだ操業停止が続いている。

操業を再開しているのは、宮城県内の古川工場(宮城県大崎市古川中里)、涌谷工場(同遠田郡涌谷町字渋江)、角田工場(同角田市角田字西田)、北原工場(同大崎市古川塚目字北原)の4工場。震災直後から操業を停止していたが、安全点検を終了し、一部ラインで操業を開始している。

一方、福島県内の小名浜工場(いわき市小名浜野田字柳町)、平工場(いわき市好間町小谷作字作畑)では、震災直後から依然、操業停止状態が続いている。会社側は復旧に向けて全力を挙げているが、復旧の見通しについては明らかにしていない。

(伊藤 崇浩 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。