アルプス電気の宮城県内の工場群は稼動再開。福島県内はいまだ操業停止が続く【震災関連速報】

アルプス電気の宮城県内の工場群は稼動再開。福島県内はいまだ操業停止が続く【震災関連速報】

東日本大地震の被害を受けた電子備品メーカー、アルプス電気の東北の工場群のうち、宮城県内の4工場では生産ラインが再稼働した。ただ、福島県の工場はいまだ操業停止が続いている。

操業を再開しているのは、宮城県内の古川工場(宮城県大崎市古川中里)、涌谷工場(同遠田郡涌谷町字渋江)、角田工場(同角田市角田字西田)、北原工場(同大崎市古川塚目字北原)の4工場。震災直後から操業を停止していたが、安全点検を終了し、一部ラインで操業を開始している。

一方、福島県内の小名浜工場(いわき市小名浜野田字柳町)、平工場(いわき市好間町小谷作字作畑)では、震災直後から依然、操業停止状態が続いている。会社側は復旧に向けて全力を挙げているが、復旧の見通しについては明らかにしていない。

(伊藤 崇浩 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT