佐川急便が28日から東北6県でのクール便の集配・配達を再開【震災関連速報】

佐川急便が28日から東北6県でのクール便の集配・配達を再開【震災関連速報】

宅配便大手でSGホールディングス傘下の佐川急便は28日から、一部集配不能エリアを除き、青森県、秋田県、山形県、岩手県、宮城県、福島県でのクール便の集荷や配達を再開する。一部集配不能エリアとは、岩手県下の大船渡市、陸前高田市、釜石市、上閉伊郡、下閉伊郡、気仙郡、宮城県下の石巻市、東松島市、気仙沼市、牡鹿郡、本吉郡、亘理郡、福島県下の南相馬市、双葉郡のこと。岩手県の久慈市は26日から一部集配不能エリアではなくなっている。

東北6県で佐川急便はこれまでクール便の集配・配達を停止していた。これでまだ正常化していないのは時間帯指定便のみとなった。

佐川は17日に福島を除く東北5県で営業店止めの宅配便の取り扱いを再開。18日には福島県でも営業店止めの取り扱いを再開していた。19日から茨城県全域での集荷・配達サービスを再開。22日には東北6県での代金引換便の取り扱いや、青森県、秋田県、山形県での通常の集荷・配達を再開したほか、被災原発に近いいわき店、相馬店(いずれも屋内待避エリア外)への営業店止めサービスを再開。23日にはいわき店、相馬店から全国への配送を再開した。24日には一部集配不能エリアを除く東北6県で、クール便や時間帯指定便を除き、戸口まで届ける通常の宅配便サービスを再開していた。
(山田 雄一郎 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT