ヤマト運輸が青森県、秋田県、山形県の荷物でコンビニ取り扱いを26日より再開【震災関連速報】

ヤマト運輸が青森県、秋田県、山形県の荷物でコンビニ取り扱いを26日より再開【震災関連速報】

ヤマトホールディングスの宅配便子会社、ヤマト運輸は26日から青森県、秋田県、山形県のコンビニエンスストアでの宅配便の取り扱いを再開する。

青森県、秋田県、山形県のコンビニから全国に荷物を発送できるほか、全国のコンビニから青森県、秋田県、山形県へ荷物を発送できるようになる。通常の発送地払いのほか、着払いも取り扱う。
 
 青森県、秋田県、山形県では、24日からクール便の取り扱いを再開していることから、これら3県では時間帯指定を除く宅配便が正常化したことになる。

また、ヤマト運輸は26日より、岩手県での通常の宅配便サービス再開地域に、宮古市、釜石市、上閉伊郡が加わる。

被害が甚大だった岩手県、宮城県、福島県では、一部地域を除いて戸口まで届ける通常の宅配便を再開。代金引換便も取り扱いを再開したが、クール便や時間帯指定便、コンビニでの取り扱いは依然として再開していない。

宮城県下では、26日から石巻蛇田センター(石巻市蛇田)が営業を再開する。石巻蛇田センター止めで全国から荷物を発送できるほか、石巻蛇田センターから全国に荷物を送ることができる。

(山田 雄一郎 =東洋経済オンライン)

人気記事
トピックボードAD
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブルー・オーシャン教育戦略
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。