菱食は東北の20物流センターのうち半数以上が稼働再開、北関東では計画停電の影響続く【震災関連速報】

菱食は東北の20物流センターのうち半数以上が稼働再開、北関東では計画停電の影響続く【震災関連速報】

三菱商事系の食品卸大手、菱食は東日本大震災の直後に操業を一時停止していた東北地方の物流センター20拠点のうち、半数以上で稼働を再開した。もともと被害状況の確認などのために、緊急措置として停止していた物流センターは早期に復旧した。

ただ、北関東の拠点では計画停電で作業に遅れが生じるなどいまだ影響が残っている。稼働を停止している物流センターには近郊の拠点から商品を流通させるなどの対応をしているが、食品・飲料メーカーの生産量減少という問題もある。平常時への回復には時間がかかりそうだ。

(麻田 真衣 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。