日本郵船子会社のモジュール船「YAMATAI」が救援物資を積み八戸港へ

日本郵船子会社のモジュール船「YAMATAI」が救援物資を積み八戸港へ

海運大手、日本郵船の100%子会社・日之出郵船が運航するモジュール船「YAMATAI」が24日に神戸港で民間企業32社や地方自治体、全日本海運組合、NPOから寄せられた救援物資を積み込み、同日午前11時に青森県の八戸港に向けて出帆した。八戸港には27日昼頃に到着予定で、揚げ荷後に青森県、岩手県、宮城県の各市町村に輸送される。

主な積み荷は飲料水、食料品、乳児用品、衛生用品、生活用品で、標準的なコンテナである20フィートコンテナ24本分。トラックに換算すると10トントラック16台分に相当する。この積み荷には日本郵船グループが手配した物資も含まれる。

YAMATAIは当初、ヘリコプターの洋上基地として活用することを政府に申し入れていたが、緊急性に鑑みて救援物資の輸送に充てることにした。

モジュール船とは、重量物運搬船のうち、自らは荷役装置を持たないRORO(ROLL ON/ROLL OFF)船のうち、超浅喫水の船型で台車等の自走で重量物を積み卸しする船のこと。

(山田 雄一郎 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT