空圧制御機器のSMCが遠野工場で操業再開。釜石工場も週内に稼働へ【震災関連速報】

空圧制御機器のSMCが遠野工場で操業再開。釜石工場も週内に稼働へ【震災関連速報】

空圧制御機器で世界首位のSMCは22日、東日本大震災によって操業を止めていた2拠点のうち、遠野工場(岩手県遠野市)の操業を再開した。釜石工場(岩手県釜石市)も21日に電力が復旧、すでに機械設備の点検を終えており、週内をメドに稼働する見込みという。

また、同社は23日、従業員の被災状況について、震災当日に就業中だった従業員は全員が無事だったが、周辺地域で津波の被害が大きかった釜石工場では、休暇・休務中だった従業員のうち5名が死亡、1名が行方不明となっていると発表した。

両工場とも、津波による直接的被害は受けず、建屋や機械設備の損壊もほとんどなかった。ただ、ガソリン不足の影響で従業員の通勤事情が悪化しており、設備は復旧したものの、フル稼働には届いていない。23日現在の出勤率は、遠野工場で8割、釜石工場で6割程度のようす。今後は周辺地域の復興や燃料、物流事情の改善に合わせ、稼働率を高めていくことになりそうだ。

草加工場(埼玉県草加市)、筑波工場(茨城県常総市)、矢祭工場(福島県矢祭市)の3工場は、順調に稼働している。計画停電には、残業や他工場での生産を増やすことで対応。原材料についても豊富な在庫を確保しており、当面、不足の心配はないという。

(小河 真与 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?