ソフトバンクの携帯基地局などの復旧進む。機能停止基地局は539局まで減少【震災関連速報】

ソフトバンクの携帯基地局などの復旧進む。機能停止基地局は539局まで減少【震災関連速報】

携帯電話3位のソフトバンクでは、東日本大震災の影響で機能停止した携帯基地局など、復旧が進んでいる。

携帯電話では、震災直後最大で3786局の基地局が機能停止状態に陥った。だが、その後電気が通ったことなどにより、23日17時時点で使えない基地局は539局にまで減少した。

ソフトバンクで機能が停止している基地局数は、同業2位で契約者数が800万件近く多いKDDI(au)(最大で3680局、23日時点で475局)よりも多い。これは当社が割り当てられている2ギガヘルツ帯の電波が、その特性上、NTTドコモ、auの電波よりも飛びにくく、その分多くの基地局を必要とするとされている点と関連しているようだ。そのため、ソフトバンクの被害額は、契約者数の多い競合他社並みとなる可能性もある。被害金額などは現時点では不明。

固定通信でも、電話で1500回線、専用線で100回線の不通状態が続く。ただ、被害の及ぶ範囲としては、携帯電話事業のほうが大きそうだ。

(桑原 幸作 =東洋経済オンライン)

人気記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。