富士通は宮城工場など3拠点で操業再開【震災関連速報】

富士通は宮城工場など3拠点で操業再開【震災関連速報】

富士通は震災で操業を停止していた4社6拠点のうち、3拠点で一部操業を開始した。

富士通インテグレーテッドマイクロテクノロジ会津工場(半導体テストセンター)が18日中に一部試験工程で操業を再開したのに続き、連休明けの23日には宮城工場(半導体後工程)でも一部操業を再開。また、富士通アイソテックでもPCサーバーの生産を再開した。ただ、一部製品を石川県の富士通ITプロダクツに一時的な製造移管することも引き続き検討している。また同日、デスクトップPCを島根富士通に移管し、生産再開した。

岩手と会津若松の半導体前工程3拠点は再開準備中だが、再開時期は未定。

(小長 洋子 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。