ヤマト運輸が青森県、秋田県、山形県で通常の宅配便を再開【震災関連速報】

ヤマト運輸が青森県、秋田県、山形県で通常の宅配便を再開【震災関連速報】

ヤマトホールディングスの宅配便子会社、ヤマト運輸は23日から青森県、秋田県、山形県で、玄関口まで届ける通常の宅配便サービスを再開した。これまでこれら3県では通常の宅配便は一部地域にとどまり、荷受け人が営業所まで受け取りに行く必要のある「営業所止め」のサービスが主体だった。

また、これまでの発払いのみに加えて、着払いや代金引換の「宅急便コレクト」を再開する。県内から県内への配送では、通常の「翌日お届け」を実現、県外へは「通常の日数に加えて2日から3日程度を要する」(同社)としている。クール便や時間帯指定、メール便、単身引っ越しサービスは依然として休止中だ。

東北地域のうち、これら3県以外の岩手県、宮城県、福島県では依然として営業所止めのサービスにとどまっているが、福島県では23日、新たに、いわき好間中央センターや福島空港センター、相馬センターなど8カ所での営業所止めサービスを開始した。いわき市内の3店、双葉郡の3店、相馬市の1店、南相馬市の1店は閉店中。

(山田 雄一郎 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT