ヤマト運輸が青森県、秋田県、山形県で通常の宅配便を再開【震災関連速報】

ヤマト運輸が青森県、秋田県、山形県で通常の宅配便を再開【震災関連速報】

ヤマトホールディングスの宅配便子会社、ヤマト運輸は23日から青森県、秋田県、山形県で、玄関口まで届ける通常の宅配便サービスを再開した。これまでこれら3県では通常の宅配便は一部地域にとどまり、荷受け人が営業所まで受け取りに行く必要のある「営業所止め」のサービスが主体だった。

また、これまでの発払いのみに加えて、着払いや代金引換の「宅急便コレクト」を再開する。県内から県内への配送では、通常の「翌日お届け」を実現、県外へは「通常の日数に加えて2日から3日程度を要する」(同社)としている。クール便や時間帯指定、メール便、単身引っ越しサービスは依然として休止中だ。

東北地域のうち、これら3県以外の岩手県、宮城県、福島県では依然として営業所止めのサービスにとどまっているが、福島県では23日、新たに、いわき好間中央センターや福島空港センター、相馬センターなど8カ所での営業所止めサービスを開始した。いわき市内の3店、双葉郡の3店、相馬市の1店、南相馬市の1店は閉店中。

(山田 雄一郎 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。