ヤマト運輸が青森県、秋田県、山形県で通常の宅配便を再開【震災関連速報】

ヤマト運輸が青森県、秋田県、山形県で通常の宅配便を再開【震災関連速報】

ヤマトホールディングスの宅配便子会社、ヤマト運輸は23日から青森県、秋田県、山形県で、玄関口まで届ける通常の宅配便サービスを再開した。これまでこれら3県では通常の宅配便は一部地域にとどまり、荷受け人が営業所まで受け取りに行く必要のある「営業所止め」のサービスが主体だった。

また、これまでの発払いのみに加えて、着払いや代金引換の「宅急便コレクト」を再開する。県内から県内への配送では、通常の「翌日お届け」を実現、県外へは「通常の日数に加えて2日から3日程度を要する」(同社)としている。クール便や時間帯指定、メール便、単身引っ越しサービスは依然として休止中だ。

東北地域のうち、これら3県以外の岩手県、宮城県、福島県では依然として営業所止めのサービスにとどまっているが、福島県では23日、新たに、いわき好間中央センターや福島空港センター、相馬センターなど8カ所での営業所止めサービスを開始した。いわき市内の3店、双葉郡の3店、相馬市の1店、南相馬市の1店は閉店中。

(山田 雄一郎 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 住みよさランキング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT