杉本商事は鹿嶋など3営業所再開、東北営業所は復旧急ぐ【震災関連速報】

杉本商事は鹿嶋など3営業所再開、東北営業所は復旧急ぐ【震災関連速報】

機械・工具の大手商社、杉本商事は、東日本大震災以降、営業を停止していた東北(宮城県仙台市若林区)、土浦(茨城県土浦市)、鹿嶋(茨城県鹿嶋市)、宇都宮(栃木県宇都宮市)の4営業所のうち、東北を除く3営業所で22日から受注業務を再開した。

4営業所とも、土地・建物は自社所有。いずれも建物や設備の一部に損害を受けたが、使用することは可能だという。関東にある土浦、鹿嶋、宇都宮の3営業所は、住友金属工業など特定顧客と直接取引する直需営業が主体。商品の供給・配達は通常どおりにはできないが、受注業務に関しては問題ないと判断した。一方、仙台にある東北営業所は卸販売が主体で、販売先の状態が通常に戻っていないこともあり、23日現在、業務再開には至っていない。現地の状況を調査中で、近く、再開のメドがはっきりするようだ。

建物や設備の損害が比較的軽く、営業停止期間も短いため、今2011年3月期については、業績への影響はほとんどないもよう。ただ、来12年3月期については、「予算面で影響は受ける」(阪口尚作常務)と言う。

(柿沼 茂喜 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。