ニコンは被災8拠点すべてが3月中に稼働再開へ、栃木ニコンはすでに復旧【震災関連速報】

拡大
縮小
ニコンは被災8拠点すべてが3月中に稼働再開へ、栃木ニコンはすでに復旧【震災関連速報】

ニコンは22日、東日本大震災の影響で操業停止に追い込まれた8拠点が、3月中にすべて再開できる見通しとなったことを明らかにした。
 
 交換レンズを生産する栃木ニコン(栃木県大田原市実取)は比較的被害が小さかったこともあり、18日からいち早く操業を開始。ハイスペックデジタルカメラのボディを生産する仙台ニコン(宮城県名取市田高字原)は、建物にヒビが発生するなどの被害が出たが、3月中に復旧する見込みだ。半導体・液晶露光装置のユニットを手がける宮城ニコンプレシジョン(宮城県刈田郡蔵王町)も、3月中に稼働しそうだ。

また、栃木ニコンプレシジョン(栃木県大田原市実取)、ニコン水戸製作所(茨城県水戸市元石川町)、黒羽ニコン(栃木県大田原市黒羽向町)、那須ニコン(栃木県那須烏山市興野)、ニコン・トリンブルの蔵王製作所(宮城県刈田郡蔵王町)についても、23日には再開する。

ニコンの各工場は、もともと震災による建物の損壊が軽微だったため、電気などのインフラが復旧すれば、設備の安全などを確認したうえで、再稼働する見通しだった。今後も計画停電や部品調達の状況により、フル生産ができない懸念は残るが、そもそも一眼レフボディの9割はタイ工場で生産している。地震の影響で業績が大きく押し下げられることは考えにくい。

(梅咲 恵司 =東洋経済オンライン)

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT