キヤノンはデジカメの国内3拠点がすべて操業停止、コンデンサーなどの調達が滞る【震災関連速報】

キヤノンはデジカメの国内3拠点がすべて操業停止、コンデンサーなどの調達が滞る【震災関連速報】

キヤノンはデジタルカメラを生産する国内3拠点のすべての操業を停止している。東日本大震災により、コンデンサーなど電子部品の調達が滞っているためだ。

一眼レフやコンパクトカメラを生産する大分キヤノン(大分県国東市)は「16日から3日間操業を停止する」としていたが、現在も操業は止まっている(22日12時現在)。23日以降は未定。同じく、22日から停止している長崎キヤノン(長崎県波佐見町)は、23日と24日の稼働を見合わせる。

コンパクトカメラを手がける宮崎ダイシンキヤノン(長崎県児湯郡)も生産停止中。同社は「23日以降については、これから検討する」(広報)としている。

今回、供給が滞ったのはコンデンサーなどの電子部品。汎用品を複数社から調達していたが、調達先工場が被災したり、インフラ問題で物流が停滞している影響で、十分な数量を確保できていないようだ。キヤノンは主力工場の生産停止が長引けば、需要旺盛なデジタルカメラの生産に痛打となる。

(梅咲 恵司 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT