キヤノンはデジカメの国内3拠点がすべて操業停止、コンデンサーなどの調達が滞る【震災関連速報】

キヤノンはデジカメの国内3拠点がすべて操業停止、コンデンサーなどの調達が滞る【震災関連速報】

キヤノンはデジタルカメラを生産する国内3拠点のすべての操業を停止している。東日本大震災により、コンデンサーなど電子部品の調達が滞っているためだ。

一眼レフやコンパクトカメラを生産する大分キヤノン(大分県国東市)は「16日から3日間操業を停止する」としていたが、現在も操業は止まっている(22日12時現在)。23日以降は未定。同じく、22日から停止している長崎キヤノン(長崎県波佐見町)は、23日と24日の稼働を見合わせる。

コンパクトカメラを手がける宮崎ダイシンキヤノン(長崎県児湯郡)も生産停止中。同社は「23日以降については、これから検討する」(広報)としている。

今回、供給が滞ったのはコンデンサーなどの電子部品。汎用品を複数社から調達していたが、調達先工場が被災したり、インフラ問題で物流が停滞している影響で、十分な数量を確保できていないようだ。キヤノンは主力工場の生産停止が長引けば、需要旺盛なデジタルカメラの生産に痛打となる。

(梅咲 恵司 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT