佐川急便が22日から東北6県での代引を再開。青森・秋田・山形では通常の集荷・配達も再開【震災関連速報】

佐川急便が22日から東北6県での代引を再開。青森・秋田・山形では通常の集荷・配達も再開【震災関連速報】

宅配便大手でSGホールディングス傘下の佐川急便は22日から東北6県での代金引換便「e−コレクト」の取り扱いを再開する。また、これまで「営業店止め」にとどまっていた東北6県のうち青森県、秋田県、山形県では、玄関口まで配送する通常の集荷・配達を再開する。

ただしクール便や時間指定便は対象外。営業店止めの福島県、宮城県、岩手県での代引き便は営業店での代金引換となる。

佐川は17日に福島を除く東北5県で営業店止めの宅配便の取り扱いを再開。18日には福島県でも営業店止めの取り扱いを再開していた。19日から茨城県全域での集荷・配達サービスを再開していた。
(山田 雄一郎 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT