佐川急便が19日から茨城県全域での集荷・配達を再開。釜石市では営業店止めサービスを再開【震災関連速報】

佐川急便が19日から茨城県全域での集荷・配達を再開。釜石市では営業店止めサービスを再開【震災関連速報】

宅配便大手でSGホールディングス傘下の佐川急便は3月19日から茨城県全域での集荷・配達サービスを再開した。時間帯指定など一部サービスは対象外。同県内では被災後に鹿嶋市、神栖市、潮来市での集荷、配達を停止していた。

このほか、岩手県では釜石店(釜石市甲子町第9地割2−2)で、営業店止めサービスによる荷物の受け取りや持込みが19日から可能になった。岩手県内での営業店止めサービスはこれで8営業店となる。
(山田 雄一郎 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT