コンビニ弁当製造のわらべや日洋は子会社の福島工場が20日から操業再開【震災関連速報】

コンビニ弁当製造のわらべや日洋は子会社の福島工場が20日から操業再開【震災関連速報】

セブン‐イレブン向けのコンビニ弁当などを製造するわらべや日洋は、東日本大震災直後から生産停止が続いている福島県の子会社工場が、20日に操業再開となる見通しだ。

震災直後に操業を止めたのは子会社であるわらべや福島(福島県郡山市喜久田町字双又)。地震による揺れで床や天井が破壊され、設備の一部に不具合が生じた。ただ、復旧作業は急速に進められ、早期に生産が再開する見込みだ。

セブン-イレブン自体は、東北地域の店舗約600店が休業に追いやられている。が、わらべや日洋の東北地域での供給エリアは福島県止まり。被害が深刻な宮城県や岩手県はもとから供給範囲外だ。わらべや日洋の担当者によれば「もともと福島県内でも約1万店舗ある中で我々が供給しているのは2~3%」だという。そのため、今回の震災によるダメージは予想より小さい。

逆に、供給の主力である関東圏では連日フル稼働状態。震災の影響による食糧不足を懸念して首都圏で「買いだめ」などが続き、わらべや日洋の受注は通常の2~3割増しになっている。

ただ、今後は関東・東北地方における計画停電が長引いた場合、生産計画に狂いが生じたる懸念もある。主原料のコメの調達先が東北に集中している事も懸念材料となる。

(張 子渓 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT