商船三井は北海道方面からの自衛隊員、自衛隊車両の搬送を完了【震災関連速報】

商船三井は北海道方面からの自衛隊員、自衛隊車両の搬送を完了【震災関連速報】

海運大手の商船三井が、北海道方面からの自衛隊員やジープ、トラックなど自衛隊車両の搬送を17日までに終えた。

子会社である商船三井フェリーの「さんふらわあ さっぽろ」「さんふらわあ ふらの」「さんふらわあ しれとこ」「さんふらわあ だいせつ」などフェリー4隻が被災地の支援活動の一環として、自社グループのフェリーを救援活動に拠出していた。役目を終えたフェリーは苫小牧に帰還した。

13日~17日までに延べ8航海をし、商船三井が搬送した自衛隊員は計2685人、自衛隊車両は925台。

日付 フェリー名 自衛隊員数 車両数
 13日 さっぽろ  382人 143台
   同 ふらの   382人 141台
 14日 しれとこ  152人  56台
   同 だいせつ  120人  49台
 15日 さっぽろ  361人 151台
   同 ふらの   558人 152台
 17日 ふらの   393人 123台
       合計 2685人 925台

(山田 雄一郎 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。