ホンダが生産休止を23日まで延長、影響の長期化が懸念【震災関連速報】

ホンダが生産休止を23日まで延長、影響の長期化が懸念【震災関連速報】

ホンダは18日、東日本大震災の影響により今月20日までと決定していた国内工場における自動車生産の休止を、同23日まで延長すると発表した。被災地域にある部品調達先のサプライヤーの一部で復旧が手間取っていることが響いている。

生産停止を延長するのは狭山工場(埼玉県狭山市)、鈴鹿製作所(三重県鈴鹿市)、熊本製作所(熊本県菊池郡)のすべての完成車工場。現時点で生産再開の見通しは立っておらず、影響の長期化も懸念される。

ネックになっているのは部品調達だ。ホンダは今回の地震や津波で被災した東北地方に約110社の一次サプライヤー(部品メーカー)を抱えており、中には復旧のメドが立っていないメーカーもあるという。

一部には「ホンダ系のサプライヤーは東北に拠点が少なく、早期に生産開始できるのではないか」(ホンダ系大手サプライヤー)との声もあったが、2次、3次メーカーとなると把握すら難しい状況もある。自動車は2万~3万点の部品から成り立っており、「1点でも欠けると生産ができない」(ホンダ)。物流の問題もあり、生産開始までには時間がかかりそうだ。

(並木 厚憲 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT