ホンダが生産休止を23日まで延長、影響の長期化が懸念【震災関連速報】

ホンダが生産休止を23日まで延長、影響の長期化が懸念【震災関連速報】

ホンダは18日、東日本大震災の影響により今月20日までと決定していた国内工場における自動車生産の休止を、同23日まで延長すると発表した。被災地域にある部品調達先のサプライヤーの一部で復旧が手間取っていることが響いている。

生産停止を延長するのは狭山工場(埼玉県狭山市)、鈴鹿製作所(三重県鈴鹿市)、熊本製作所(熊本県菊池郡)のすべての完成車工場。現時点で生産再開の見通しは立っておらず、影響の長期化も懸念される。

ネックになっているのは部品調達だ。ホンダは今回の地震や津波で被災した東北地方に約110社の一次サプライヤー(部品メーカー)を抱えており、中には復旧のメドが立っていないメーカーもあるという。

一部には「ホンダ系のサプライヤーは東北に拠点が少なく、早期に生産開始できるのではないか」(ホンダ系大手サプライヤー)との声もあったが、2次、3次メーカーとなると把握すら難しい状況もある。自動車は2万~3万点の部品から成り立っており、「1点でも欠けると生産ができない」(ホンダ)。物流の問題もあり、生産開始までには時間がかかりそうだ。

(並木 厚憲 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT