ヤマト運輸が青森、秋田、山形で宅配便の取り扱いを再開【震災関連速報】

ヤマト運輸が青森、秋田、山形で宅配便の取り扱いを再開【震災関連速報】

ヤマトホールディングスの宅配便子会社、ヤマト運輸が18日15時より青森県、秋田県、山形県の東北3県全域での宅配便の取り扱いを再開した。これら東北3県の103店の直営店への荷物の持ち込み、同店での荷物の引き取りが原則で、青森県は8時~17時、秋田県と山形県は8時~18時の時間帯で荷物の持ち込み、受け取りが可能となった。

クール便は対象外。コンビニではこれら3県への宅配便の受け付けを行わない。営業店で荷物を預かる期間は1週間。荷物を引き取る際には、運転免許証などの本人確認書類が必要となる。

これにより、ヤマト運輸の宅配便は、宮城県、岩手県、福島県、茨城県の一部(北茨城市、高萩市、日立市、常陸太田市、常陸大宮市、久慈郡大子町)を除く全国への荷物の発送や受け取りが可能になった。秋田県下の秋田市、横手市、能代市、山形県下の山形市、天童市、米沢市、鶴岡市では、通常の集荷や配達も再開する。

全国からこれら東北3県への荷物を送る場合、「1週間~10日程度要する可能性がある」としている。青森県、秋田県、山形県から同エリアへの配送も、2、3日程度かかる可能性がある。 

(山田 雄一郎 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT