東北の携帯販売、京王ズは被害限定的【震災関連速報】

東北の携帯販売、京王ズは被害限定的【震災関連速報】

東北を地盤とする携帯電話販売会社、京王ズホールディングスが震災で受けた物理的な被害は限定的となりそうだ。全55店のうち営業停止となっている店舗は、一部にとどまっている。

比較的大きな被害が出たのは岩手県石巻市内の店舗のみ。津波の被害にあったが、すでに復旧作業に入っているという。従業員は全員無事だった。

18日現在で営業を停止しているのは、電力供給に支障をきたしている一部の店舗および、東京電力の福島第1原子力発電所から20km圏内で避難指示が出ている福島県富岡町の店舗のみ。

「沿岸部の店が少ないことが幸いした。被害額はまだわからないが、テナントで入っている賃貸の物件が多いので、被害金額もそんなに大きくはならないとみている」(深野道照・管理部長)という。

(桑原 幸作 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。