東北の携帯販売、京王ズは被害限定的【震災関連速報】

東北の携帯販売、京王ズは被害限定的【震災関連速報】

東北を地盤とする携帯電話販売会社、京王ズホールディングスが震災で受けた物理的な被害は限定的となりそうだ。全55店のうち営業停止となっている店舗は、一部にとどまっている。

比較的大きな被害が出たのは岩手県石巻市内の店舗のみ。津波の被害にあったが、すでに復旧作業に入っているという。従業員は全員無事だった。

18日現在で営業を停止しているのは、電力供給に支障をきたしている一部の店舗および、東京電力の福島第1原子力発電所から20km圏内で避難指示が出ている福島県富岡町の店舗のみ。

「沿岸部の店が少ないことが幸いした。被害額はまだわからないが、テナントで入っている賃貸の物件が多いので、被害金額もそんなに大きくはならないとみている」(深野道照・管理部長)という。

(桑原 幸作 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。