アイメタルテクノロジーは被災の3工場が来週から順次復旧へ【震災関連速報】

アイメタルテクノロジーは被災の3工場が来週から順次復旧へ【震災関連速報】

いすゞ自動車グループで、エンジンブロックの鋳造などを手掛けるアイメタルテクノロジーは、東日本大震災で被災した3工場が順次復旧に向かう見通しだ。

被災したのは北上工場(岩手県北上市和賀町)、北茨城工場(茨城県北茨城市磯原町)、土浦工場(茨城県土浦市北神立町)の3工場。人的な被害はなかったが、北茨城工場は機械がずれたりするなど生産に影響がでている。部材の調達先であるサプライヤーには操業停止に追いこまれるほどの損害を受けたところはなかった。

土浦、北上工場では順次復旧作業を進めており、来週前半には復旧が可能となる見通しだ。北茨城工場は電力回復が遅れていたが、やっと15日には電力が回復、16日に電気系統の点検を行い、17日から点検稼働を実施。来週後半には正常稼働再開のメドをつけた。

ただアイメタルテクノロジーが得意とする鋳造は電気炉を使う必要がある。現在は対象外だが、計画停電の対象地域に指定された場合、電気を落とし、冷え切った炉を再び稼働可能な温度に達するには数時間を必要とするため、操業度が低下する可能性がある。

(松浦 大 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。