ピックルスコーポの福島と宮城の工場設備に破損。一方で関東圏の工場はフル稼働【震災関連速報】

ピックルスコーポの福島と宮城の工場設備に破損。一方で関東圏の工場はフル稼働【震災関連速報】

漬物最大手、ピックルスコーポレーションは東日本大震災の影響で、福島工場(福島県本宮市荒井青田原)と宮城ファクトリー(宮城県加美郡加美町字雁原)の操業停止状態が続いている。

2工場とも工場設備が一部破損するなどの被害が出たが、現在は修復されている。ただ、現地では電力が復旧しておらず、地震直後から操業は停止したままだ。

一方、震災で被害のなかった関東圏の所沢工場(埼玉県入間郡)、大宮ファクトリー(埼玉県北足立郡)、千葉工場(千葉県八街市)、湘南ファクトリー(神奈川県平塚市)では、首都圏の「買いだめ」などによる物不足で一時的に発注数が増えており、稼働時間も延長してフル生産にあたっている。

現時点で地震による業績への影響は軽微だと予想できる。ただ、主原料の白菜の調達先が茨城や長野など、震災のあった地域に密集している事が懸念材料にある。ピックルスの広報担当は「一部の原料が入手困難になっているのに加え、異常な需要の反動減も心配。風評も出てきている」として先行きが不透明な現状に不安を隠せない。

(写真は被災前の宮城ファクトリー)

(張 子渓 =東洋経済オンライン)

 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT