ピックルスコーポの福島と宮城の工場設備に破損。一方で関東圏の工場はフル稼働【震災関連速報】

ピックルスコーポの福島と宮城の工場設備に破損。一方で関東圏の工場はフル稼働【震災関連速報】

漬物最大手、ピックルスコーポレーションは東日本大震災の影響で、福島工場(福島県本宮市荒井青田原)と宮城ファクトリー(宮城県加美郡加美町字雁原)の操業停止状態が続いている。

2工場とも工場設備が一部破損するなどの被害が出たが、現在は修復されている。ただ、現地では電力が復旧しておらず、地震直後から操業は停止したままだ。

一方、震災で被害のなかった関東圏の所沢工場(埼玉県入間郡)、大宮ファクトリー(埼玉県北足立郡)、千葉工場(千葉県八街市)、湘南ファクトリー(神奈川県平塚市)では、首都圏の「買いだめ」などによる物不足で一時的に発注数が増えており、稼働時間も延長してフル生産にあたっている。

現時点で地震による業績への影響は軽微だと予想できる。ただ、主原料の白菜の調達先が茨城や長野など、震災のあった地域に密集している事が懸念材料にある。ピックルスの広報担当は「一部の原料が入手困難になっているのに加え、異常な需要の反動減も心配。風評も出てきている」として先行きが不透明な現状に不安を隠せない。

(写真は被災前の宮城ファクトリー)

(張 子渓 =東洋経済オンライン)

 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT