「膳丸」など展開するダイナックは一時16店で営業停止。再開見通しは計画停電次第で流動的【震災関連速報】

「膳丸」など展開するダイナックは一時16店で営業停止。再開見通しは計画停電次第で流動的【震災関連速報】

ダイニングバー「膳丸」、とうふ料理「八かく庵」などを手掛けるダイナックは、東日本大震災の影響により、16店で営業を停止している(3月16日時点)。同社は東北地域に出店をしていないため、震災に伴う店舗・什器などの破損は少なかった。ただ、店舗が立地するビルのオーナーの判断等により、閉店を余儀なくされているケースが多い。

同社が関東地域に出店している飲食店は、全251店のうち134店。営業停止中の16店のうちの14店は、ビルのオーナーの判断や周りの道路状況など外部要因によるものだ。残る2店は、「予約が入らず集客が全く見込めない」(ダイナック)という理由で閉店している。

16店舗の再開見通しは、「今後の計画停電次第で非常に流動的」(ダイナック)だ。日々、営業停止店舗の数は変動しており、計画停電の実施中は15店前後の閉店が続く可能性が高いと見られる。営業中の店舗は、基本的には営業時間を短縮して営業を継続する方針だ。


(二階堂 遼馬 =東洋経済オンライン)

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT