「膳丸」など展開するダイナックは一時16店で営業停止。再開見通しは計画停電次第で流動的【震災関連速報】

「膳丸」など展開するダイナックは一時16店で営業停止。再開見通しは計画停電次第で流動的【震災関連速報】

ダイニングバー「膳丸」、とうふ料理「八かく庵」などを手掛けるダイナックは、東日本大震災の影響により、16店で営業を停止している(3月16日時点)。同社は東北地域に出店をしていないため、震災に伴う店舗・什器などの破損は少なかった。ただ、店舗が立地するビルのオーナーの判断等により、閉店を余儀なくされているケースが多い。

同社が関東地域に出店している飲食店は、全251店のうち134店。営業停止中の16店のうちの14店は、ビルのオーナーの判断や周りの道路状況など外部要因によるものだ。残る2店は、「予約が入らず集客が全く見込めない」(ダイナック)という理由で閉店している。

16店舗の再開見通しは、「今後の計画停電次第で非常に流動的」(ダイナック)だ。日々、営業停止店舗の数は変動しており、計画停電の実施中は15店前後の閉店が続く可能性が高いと見られる。営業中の店舗は、基本的には営業時間を短縮して営業を継続する方針だ。


(二階堂 遼馬 =東洋経済オンライン)

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。