梅の花は11店で営業停止。関東地区は全店でメニュー削減、営業時間も短縮【震災関連速報】

梅の花は11店で営業停止。関東地区は全店でメニュー削減、営業時間も短縮【震災関連速報】

湯葉・豆腐料理店「梅の花」を展開する梅の花は、東日本大震災の影響により、17日午後時点で11店の営業を停止している。東京電力による計画停電の実施を受け、全店の約3割に当たる関東地区の店舗では、提供するメニューを一部削減、営業時間も短縮して営業を行っている。

営業停止中の11店の業態内訳は、湯葉・豆腐料理「梅の花」6店、持ち帰りすし「古市庵」5店。これら全ての店舗で営業再開のメドは立っていない。特に梅の花仙台店については、「店舗の損傷が激しく、再開までは相当の時間を要す見通し」(上村正幸・取締役管理本部長兼経営計画室長)だ。

関東地区で営業中の店舗に関しても、「お客さんがくれば対応するが、ほぼ開店休業状態。(通常の営業時間は昼・夜合わせて10時間だが、)中には営業時間が2時間だけという店舗も存在する」(上村氏)という。計画停電がさらに続けば、業績への影響は必至だ。
 
(二階堂 遼馬 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT