中古車のガリバーは被災した東北17店の営業休止続く【震災関連速報】

中古車のガリバーは被災した東北17店の営業休止続く【震災関連速報】

中古車買い取り大手のガリバーインターナショナルは、東日本大震災の影響で宮城県内の10店舗と福島県内の7店舗(全418店舗)が被災し、17日午後時点で営業休止状態が続いている。

いずれも従業員については全員の安全を確認した。だが、地震の被害で大きく損害を受けた店舗もあり、17店舗の営業再開のメドは立っていない。

ガリバーは被災した地域に中古車1000台を無償で提供する方針を表明している。

(松浦 大 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。