HKSは15日の静岡地震は被害軽微、操業はすでに再開【震災関連速報】

HKSは15日の静岡地震は被害軽微、操業はすでに再開【震災関連速報】

マフラーやターボチャージャーなど自動車の改造部品を製造するエッチ・ケー・エス(HKS)は、15日夜に静岡地方を中心とした強い地震で大きな被害を受けなかったようだ。

富士宮工場(静岡県富士宮市)や本社(同)では、壁にひびが入ったり、生産設備が動いたりしたほか、パソコンやファイルキャビネットが倒れるなどした。ただ、幸いなことに生産設備や従業員に物理的損害はなかった。すでに翌17日の午後には操業を再開した。

HKSは東日本大震災では被害はなかったものの、一部の部材調達先が被災したもよう。東日本にある5~6社のうち、17日時点でまだ数社と連絡が取れていない。当面は手元の在庫で対応するが、場合によっては操業停止に追いこまれる可能性もあるだけに、さまざまな対応策も求められそうだ。

(松浦 大 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT