HKSは15日の静岡地震は被害軽微、操業はすでに再開【震災関連速報】

HKSは15日の静岡地震は被害軽微、操業はすでに再開【震災関連速報】

マフラーやターボチャージャーなど自動車の改造部品を製造するエッチ・ケー・エス(HKS)は、15日夜に静岡地方を中心とした強い地震で大きな被害を受けなかったようだ。

富士宮工場(静岡県富士宮市)や本社(同)では、壁にひびが入ったり、生産設備が動いたりしたほか、パソコンやファイルキャビネットが倒れるなどした。ただ、幸いなことに生産設備や従業員に物理的損害はなかった。すでに翌17日の午後には操業を再開した。

HKSは東日本大震災では被害はなかったものの、一部の部材調達先が被災したもよう。東日本にある5~6社のうち、17日時点でまだ数社と連絡が取れていない。当面は手元の在庫で対応するが、場合によっては操業停止に追いこまれる可能性もあるだけに、さまざまな対応策も求められそうだ。

(松浦 大 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT