テンアライドは仙台市、福島市の4店が営業停止、都心部では一部営業時間を短縮【震災関連速報】

テンアライドは仙台市、福島市の4店が営業停止、都心部では一部営業時間を短縮【震災関連速報】

「旬鮮酒場 天狗」など居酒屋チェーンを手掛けるテンアライドは、東日本大震災の影響により、宮城県仙台市、福島県福島市の計4店を営業停止としている(2月末全135店)。店舗の損傷が激しいほか、電気・ガスなどライフライン全般が途絶えていることが要因だ。

停止している店舗の業態の内訳は、「旬鮮酒場 天狗」1店。「和食れすとらん天狗・旬鮮だいにんぐ天狗」3店。「再開メドは当面立たない」(玉置守・取締役経理部長)ことから、同4店舗では店長、副店長に当たる正社員計8名全員が現地から都内の本社へ引き上げている。

主力商圏の都心部では、ビールなど一部商品で欠品が生じているが、営業を継続している。ただ、食材不足や従業員の通勤が行えないなどの要因で一部営業時間を短縮している店舗も存在しており、「(営業時間を短縮するかどうかの)判断は現状各店の店長に判断を委ねている」(玉置取締役)という。

(二階堂 遼馬 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。