クボタは部品供給遅れ等で、コンバイン生産の宇都宮工場など2工場の稼働再開を延期【震災関連速報】

クボタは部品供給遅れ等で、コンバイン生産の宇都宮工場など2工場の稼働再開を延期【震災関連速報】

クボタは、宇都宮工場(栃木県宇都宮市)と筑波工場(茨城県つくばみらい市)の2工場について、少なくとも20日まで稼働を停止すると明らかにした。21日以降の再開メドについては「未定」(広報)としている。本来は、今日(17日)から稼働再開予定だった。

宇都宮工場はコンバインや田植機、筑波工場はトラクター、エンジンなどを、輸出用をメインに生産している。稼働を延期した理由は、部品の供給が困難であるため。また、従業員のほとんどが自動車通勤であるため、ガソリン不足も影響している。2工場とも、今のところ、代替生産の予定はない。

トラクターやエンジンは、堺(大阪)でも生産しているが、モデルが異なるため、振り替え生産が容易というわけではない。稼働再開が遅れれば、今期および来期の業績に影響を及ぼすおそれもある。

船橋の京葉工場(千葉県船橋市)については、夜勤のみ、今日(17日)から稼働を再開する。日中は、計画停電の影響を受けるため、当面、営業しない。竜ヶ崎工場(茨城県龍ヶ崎市)は、16日から稼働を再開している。

(前野 裕香 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT