OKIは、福島工場で生産一部再開にメド【震災関連速報】

OKIは、福島工場で生産一部再開にメド【震災関連速報】

震災の影響を受けて停止中のOKIデータ福島工場は、点検と修復作業を続けていたが、3月16日までに、一部生産再開できるメドがついた。生産再開するのは、ドットプリンタ製品の一部とLEDプリンタのカスタマイズ、インクリボン、トナー、ドラムなどの消耗品で、工場内のレイアウト変更や一部作業の外部委託などで対応可能となった。

なお、福島工場は、福島原発から70キロメートル以上離れており、現時点では直接の影響は見込んでいない。

(小長 洋子 =東洋経済オンライン)

 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。