ニフコは被災3工場の損害軽微で2工場は再開ずみ【震災関連速報】

ニフコは被災3工場の損害軽微で2工場は再開ずみ【震災関連速報】

自動車向けの樹脂部品メーカー、ニフコは16日、東日本大震災の揺れに見舞われた関東・東北地域に展開する3工場について、生産に支障が出るような大きな被害は出なかったと発表した。

東北地域では子会社で工業用ファスナーや精密成形製品などを生産するニフコ山形(山形県山形市清住町)、本体では宇都宮工場(栃木県宇都宮市中里町)、相模原工場(神奈川県相模原市)が被災した。大きな影響はなく、従業員にもケガは無かった。

14日の時点で3工場の設備点検を終え、すでに宇都宮工場と相模原工場は操業を再開した。一方でニフコ山形は停電が続いており、16日時点で再開のメドは立っていない。部品調達先や協力工場については大半が損害軽微であることをすでに確認している。

 

(松浦 大 =東洋経済オンライン)

 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。