ムロコーポは地震で一時操業停止の栃木の2工場が点検終え再開準備始まる【震災関連速報】

ムロコーポは地震で一時操業停止の栃木の2工場が点検終え再開準備始まる【震災関連速報】

精密プレスによる自動車部品を製造するムロコーポレーションは16日、東日本大震災直後から操業を止めていた烏山工場(栃木県那須烏山市南)と清原工場(栃木県宇都宮市清原工業団地)の点検を終え、生産再開の準備に入った。

両工場では天井パネルが落下したり、壁にひびが入ったりしたものの、人的な被害はなかった。16日には点検を終え、生産再開の準備を進めている。

大型の600トン精密プレス機は、通常より長い横揺れが続き、コンクリート基礎に打ち込んだアンカーボルトが折れてしまった。ただ幸いなことに、被災当時は別の大型プレス機を設置工事中で、施工業者を復旧工事に転用。16日は早くも点検稼動を開始している。

一方で通常のプレス機には影響が無かったものの、立体倉庫に保存していたプレス用金型1000個が棚から落下。全金型に占める割合は数パーセントとわずかだが、落下の衝撃で金型に狂いがないか精査しなければならないため、作業に手間取る可能性もある。

また、プレス作業には、前工程の加熱と後工程の熱処理が欠かせない。東京電力が進める計画停電次第では、熱処理工程に影響が出る懸念もある。また調達先の鋼材や銅材のメーカーが被災しているのが懸念材料。操業を再開した後に材料の在庫が尽きるような事態となれば、再度操業停止に追い込まれる可能性もあるだけに、最悪の事態を避けるべく対応策も求められそうだ。

(松浦 大 =東洋経済オンライン)

 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。