銀座ルノアールは7店営業停止。計画停電により営業店舗も時間を短縮【震災関連速報】

銀座ルノアールは7店営業停止。計画停電により営業店舗も時間を短縮【震災関連速報】

コーヒー店「喫茶室ルノアール」などを手掛ける銀座ルノアールは、東日本大震災の影響により16日午後時点で、7店舗(全110店舗)の営業を停止している。従業員の通勤が行えず、計画停電が行われている地域が対象だ。

営業再開の時期は、「21日以降になる予定」(猪狩安往常務)だ。同社はコーヒー豆など保存が効きやすい食材が多く商品提供に支障はないが、「計画停電の実施期間が読めない」(猪狩氏)ことから、当面再開を見合わせる。

また、営業中の店舗に関しても、計画停電の影響で営業時間を通常よりも5~6時間短縮している。通常の営業時間は7~23時だが、終了時刻を全店規模で17~18時に前倒す。営業時間の短縮に関しても、20日まで実施し、21日以降状況を見て通常営業に戻すかどうかの判断を行う方針だ。

(二階堂 遼馬 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT