銀座ルノアールは7店営業停止。計画停電により営業店舗も時間を短縮【震災関連速報】

銀座ルノアールは7店営業停止。計画停電により営業店舗も時間を短縮【震災関連速報】

コーヒー店「喫茶室ルノアール」などを手掛ける銀座ルノアールは、東日本大震災の影響により16日午後時点で、7店舗(全110店舗)の営業を停止している。従業員の通勤が行えず、計画停電が行われている地域が対象だ。

営業再開の時期は、「21日以降になる予定」(猪狩安往常務)だ。同社はコーヒー豆など保存が効きやすい食材が多く商品提供に支障はないが、「計画停電の実施期間が読めない」(猪狩氏)ことから、当面再開を見合わせる。

また、営業中の店舗に関しても、計画停電の影響で営業時間を通常よりも5~6時間短縮している。通常の営業時間は7~23時だが、終了時刻を全店規模で17~18時に前倒す。営業時間の短縮に関しても、20日まで実施し、21日以降状況を見て通常営業に戻すかどうかの判断を行う方針だ。

(二階堂 遼馬 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT