リケンの主力工場は影響軽微で早々と正常操業に復帰【震災関連速報】

リケンの主力工場は影響軽微で早々と正常操業に復帰【震災関連速報】

エンジン部品メーカーのリケンが、東日本大震災で受けた被害は軽微だったようだ。

主力工場の柏崎工場(新潟県柏崎市)、熊谷工場(埼玉県熊谷市)の損害は軽微で、従業員も全員無事であることを確認した。14日の時点ですべての設備点検を終え、同日中に正常操業に復帰した。部品調達先のサプライヤーについても、ほぼ損害が軽微であることを確認。

一方、主力工場の操業は正常化したものの、熊谷工場は東京電力の計画停電の対象地域に指定されており、柏崎工場も対象地域に指定されることが濃厚。影響が懸念される。

リケンは2007年に新潟県中越沖地震で柏崎工場が被災。リケンが供給するピストンリングの供給が止まったため、納品先の自動車メーカーの生産が数日間停止したことがあった。今回の東日本大震災では2工場の影響は大きくなかったが、3年前に作成した震災対策マニュアルに沿って設備点検を実施。従業員も冷静さを保ち、見事に前回の経験を生かした格好だ。

(松浦 大 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。