リケンの主力工場は影響軽微で早々と正常操業に復帰【震災関連速報】

リケンの主力工場は影響軽微で早々と正常操業に復帰【震災関連速報】

エンジン部品メーカーのリケンが、東日本大震災で受けた被害は軽微だったようだ。

主力工場の柏崎工場(新潟県柏崎市)、熊谷工場(埼玉県熊谷市)の損害は軽微で、従業員も全員無事であることを確認した。14日の時点ですべての設備点検を終え、同日中に正常操業に復帰した。部品調達先のサプライヤーについても、ほぼ損害が軽微であることを確認。

一方、主力工場の操業は正常化したものの、熊谷工場は東京電力の計画停電の対象地域に指定されており、柏崎工場も対象地域に指定されることが濃厚。影響が懸念される。

リケンは2007年に新潟県中越沖地震で柏崎工場が被災。リケンが供給するピストンリングの供給が止まったため、納品先の自動車メーカーの生産が数日間停止したことがあった。今回の東日本大震災では2工場の影響は大きくなかったが、3年前に作成した震災対策マニュアルに沿って設備点検を実施。従業員も冷静さを保ち、見事に前回の経験を生かした格好だ。

(松浦 大 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。