リケンの主力工場は影響軽微で早々と正常操業に復帰【震災関連速報】

リケンの主力工場は影響軽微で早々と正常操業に復帰【震災関連速報】

エンジン部品メーカーのリケンが、東日本大震災で受けた被害は軽微だったようだ。

主力工場の柏崎工場(新潟県柏崎市)、熊谷工場(埼玉県熊谷市)の損害は軽微で、従業員も全員無事であることを確認した。14日の時点ですべての設備点検を終え、同日中に正常操業に復帰した。部品調達先のサプライヤーについても、ほぼ損害が軽微であることを確認。

一方、主力工場の操業は正常化したものの、熊谷工場は東京電力の計画停電の対象地域に指定されており、柏崎工場も対象地域に指定されることが濃厚。影響が懸念される。

リケンは2007年に新潟県中越沖地震で柏崎工場が被災。リケンが供給するピストンリングの供給が止まったため、納品先の自動車メーカーの生産が数日間停止したことがあった。今回の東日本大震災では2工場の影響は大きくなかったが、3年前に作成した震災対策マニュアルに沿って設備点検を実施。従業員も冷静さを保ち、見事に前回の経験を生かした格好だ。

(松浦 大 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT