バヌアツ、巨大サイクロンで甚大な被害

死者24人判明、3300人以上が家を喪失

3月17日、国連人道問題調整室(OCHA)は、南太平洋の島国バヌアツを襲った大型サイクロン「パム」による死者が24人確認されたと発表した。15日撮影(2015年 ロイター/Kris Paras)

[ポートビラ 17日 ロイター] - 国連人道問題調整室(OCHA)は17日、南太平洋の島国バヌアツを襲った大型サイクロン「パム」による死者が24人確認されたと発表した。

またOCHAは3300人以上が家を追われているとし、離島との通信はまだ途絶えたままだという。ただ、被害を受けた首都ポートビラの空港では、民間機の運航が再開されている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT