バヌアツ、巨大サイクロンで甚大な被害

死者24人判明、3300人以上が家を喪失

3月17日、国連人道問題調整室(OCHA)は、南太平洋の島国バヌアツを襲った大型サイクロン「パム」による死者が24人確認されたと発表した。15日撮影(2015年 ロイター/Kris Paras)

[ポートビラ 17日 ロイター] - 国連人道問題調整室(OCHA)は17日、南太平洋の島国バヌアツを襲った大型サイクロン「パム」による死者が24人確認されたと発表した。

またOCHAは3300人以上が家を追われているとし、離島との通信はまだ途絶えたままだという。ただ、被害を受けた首都ポートビラの空港では、民間機の運航が再開されている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。