グローバルダイニングは7店が営業停止。メニュー限定で運営する店舗も【震災関連速報】

グローバルダイニングは7店が営業停止。メニュー限定で運営する店舗も【震災関連速報】

イタリア料理「ラ・ボエム」、メキシコ・アメリカ料理「ゼスト キャンティーナ」などを手掛けるグローバルダイニングは、東日本大震災の影響により、16日午後時点で7店舗の営業を停止している。店舗の損傷被害は軽微だが、入居施設の判断により、営業を自粛している。

営業停止中の店舗は、「カフェ・ラ・ボエム港北」、「権八お台場」、「モンスーンカフェお台場」、「ゼストキャンティーナお台場」、「ラ・ボエムお台場」、「モンスーンカフェ舞浜イクスピアリ」、「フードコロシアム那須ガーデンアウトレット」。

現時点で営業再開のメドは、「モンスーンカフェ舞浜イクスピアリ」で22日以降、フードコロシアム那須ガーデンアウトレット24日以降のみで、それ以外の店舗は「見通しが立っていない」(グローバルダイニング)。

営業中の店舗についても、食材の配送状況によりメニューが限定される店舗が複数存在する。「何店舗でメニューが限定されるかは、把握が出来ていない」(グローバルダイニング)という。

(二階堂 遼馬 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。