グローバルダイニングは7店が営業停止。メニュー限定で運営する店舗も【震災関連速報】

グローバルダイニングは7店が営業停止。メニュー限定で運営する店舗も【震災関連速報】

イタリア料理「ラ・ボエム」、メキシコ・アメリカ料理「ゼスト キャンティーナ」などを手掛けるグローバルダイニングは、東日本大震災の影響により、16日午後時点で7店舗の営業を停止している。店舗の損傷被害は軽微だが、入居施設の判断により、営業を自粛している。

営業停止中の店舗は、「カフェ・ラ・ボエム港北」、「権八お台場」、「モンスーンカフェお台場」、「ゼストキャンティーナお台場」、「ラ・ボエムお台場」、「モンスーンカフェ舞浜イクスピアリ」、「フードコロシアム那須ガーデンアウトレット」。

現時点で営業再開のメドは、「モンスーンカフェ舞浜イクスピアリ」で22日以降、フードコロシアム那須ガーデンアウトレット24日以降のみで、それ以外の店舗は「見通しが立っていない」(グローバルダイニング)。

営業中の店舗についても、食材の配送状況によりメニューが限定される店舗が複数存在する。「何店舗でメニューが限定されるかは、把握が出来ていない」(グローバルダイニング)という。

(二階堂 遼馬 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT