グローバルダイニングは7店が営業停止。メニュー限定で運営する店舗も【震災関連速報】

グローバルダイニングは7店が営業停止。メニュー限定で運営する店舗も【震災関連速報】

イタリア料理「ラ・ボエム」、メキシコ・アメリカ料理「ゼスト キャンティーナ」などを手掛けるグローバルダイニングは、東日本大震災の影響により、16日午後時点で7店舗の営業を停止している。店舗の損傷被害は軽微だが、入居施設の判断により、営業を自粛している。

営業停止中の店舗は、「カフェ・ラ・ボエム港北」、「権八お台場」、「モンスーンカフェお台場」、「ゼストキャンティーナお台場」、「ラ・ボエムお台場」、「モンスーンカフェ舞浜イクスピアリ」、「フードコロシアム那須ガーデンアウトレット」。

現時点で営業再開のメドは、「モンスーンカフェ舞浜イクスピアリ」で22日以降、フードコロシアム那須ガーデンアウトレット24日以降のみで、それ以外の店舗は「見通しが立っていない」(グローバルダイニング)。

営業中の店舗についても、食材の配送状況によりメニューが限定される店舗が複数存在する。「何店舗でメニューが限定されるかは、把握が出来ていない」(グローバルダイニング)という。

(二階堂 遼馬 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。