岩谷産業は東北の充填センター数件が被害、産業ガスの千葉工場は原料調達問題等で運転停止中【震災関連速報】

岩谷産業は東北の充填センター数件が被害、産業ガスの千葉工場は原料調達問題等で運転停止中【震災関連速報】

家庭用LPガスや各種産業用ガスの販売大手、岩谷産業は16日、東北地方太平洋沖大地震による詳細な被害状況を発表した。東北地方にあるLPガス充填基地の一部が浸水等の被害を受けたほか、産業用ガスの千葉工場が16日時点で運転を停止している。ただし、経営に大きな影響を及ぼすような被害は確認されてない。

LPガス事業関連では、東北各地に設置した充填センターの一部で被害が出ている。仙台の充填センターで機器が故障、石巻センターが津波で浸水した。気仙沼、古川センターは停電で充填ができず、原町センターは東電・福島原発事故で避難指示が出て操業を停止している。

産業ガス関連では、液化水素や液化炭酸ガスを製造する千葉工場の稼働を停止中だ。設備自体に損傷はない。製造に必要な原料ガスを供給する隣接の化学プラント工場が運転を停止しているほか、計画停電の影響等で顧客製造業からの需要自体も減っているため、他工場からの供給で対応してるという。

(渡辺 清治 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。