しまむらは109店で営業停止。東北・関東中心に営業時間も短縮【震災関連速報】

しまむらは109店で営業停止。東北・関東中心に営業時間も短縮【震災関連速報】

カジュアル衣料専門店のしまむらは16日、東日本巨大地震の被害についての詳細を発表した。

15日時点で被災した店舗は365店(全国1647店)、うち建物の損傷などで営業停止を余儀なくされている店舗は109店に上っているという。損壊の状況は津波による店舗全体の流出、天井の落下、フロントガラスの破損などさまざまで、今後、応急処置で安全が確保できる店舗については順次、営業を再開させていく方針だ。

なお、東北・関東甲信越での電力不足に対応し、東北6県と関東7県に、山梨県、新潟県、静岡県の店舗を加えた約850店で、閉店時間を18時(通常店舗は19時閉店)に短縮する方針も発表した。該当店舗は看板灯の消灯も開始している。

(鈴木良英 =東洋経済オンライン)

 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。