しまむらは109店で営業停止。東北・関東中心に営業時間も短縮【震災関連速報】

しまむらは109店で営業停止。東北・関東中心に営業時間も短縮【震災関連速報】

カジュアル衣料専門店のしまむらは16日、東日本巨大地震の被害についての詳細を発表した。

15日時点で被災した店舗は365店(全国1647店)、うち建物の損傷などで営業停止を余儀なくされている店舗は109店に上っているという。損壊の状況は津波による店舗全体の流出、天井の落下、フロントガラスの破損などさまざまで、今後、応急処置で安全が確保できる店舗については順次、営業を再開させていく方針だ。

なお、東北・関東甲信越での電力不足に対応し、東北6県と関東7県に、山梨県、新潟県、静岡県の店舗を加えた約850店で、閉店時間を18時(通常店舗は19時閉店)に短縮する方針も発表した。該当店舗は看板灯の消灯も開始している。

(鈴木良英 =東洋経済オンライン)

 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT