TOTOは東電・福島原発に近接するセラミック2工場で操業再開のメド立たず【震災関連速報】

TOTOは東電・福島原発に近接するセラミック2工場で操業再開のメド立たず【震災関連速報】

衛生陶器国内最大手のTOTOは、東日本大震災の影響により、セラミックス関連の2工場とウォシュレット製造の1工場が操業を停止している(3月16日現在)。

このうち、操業停止が長引きそうなのが、福島県双葉郡に立地している、ファインセラミックの2工場だ。楢葉工場(同郡楢葉町南工業団地)、富岡工場(同郡富岡町富岡工業団地)とも、福島原発に近接しており、避難対象地域に含まれている。そのため、現時点では操業再開のメドが立っていない。

茨城県桜川市西小塙にあるTOTOウォシュレットテクノの茨城工場は、建屋の一部に損傷があるものの、生産に支障を来たすほどではないという。ただ、断水のために16日現在、生産を停止している。

そのほか、関東圏で実施されている計画停電により、茅ヶ崎工場(神奈川県茅ヶ崎市本村)、TOTOハイリビングの茂原工場(千葉県茂原市本納)、TOTOバスクリエイトの佐倉工場(同佐倉市大作)、TOTOプラテックの勝浦工場(同勝浦市松野字蓮ケ台)については、生産・出荷が遅れる可能性があるという。

TOTOでは、張本邦雄社長を本部長として、福岡県北九州市の本社内に対策本部を設置。すでに、東北、関東圏で働く従業員の安否確認を済ませており、全員の無事を確認している。現在は、避難対象となったセラミック2工場の従業員に対し、避難場所の手当てを行っているほか、生産体制の復旧に向けた準備を進めている。

また、被災地の復興に向けて、グループとして1億円の義援金を寄贈することを決めた。そのほか、ウォシュレットテクノ社が茨城工場のある桜川市に別途100万円を寄贈する意向だ。

(猪澤 顕明 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT