TOTOは東電・福島原発に近接するセラミック2工場で操業再開のメド立たず【震災関連速報】

TOTOは東電・福島原発に近接するセラミック2工場で操業再開のメド立たず【震災関連速報】

衛生陶器国内最大手のTOTOは、東日本大震災の影響により、セラミックス関連の2工場とウォシュレット製造の1工場が操業を停止している(3月16日現在)。

このうち、操業停止が長引きそうなのが、福島県双葉郡に立地している、ファインセラミックの2工場だ。楢葉工場(同郡楢葉町南工業団地)、富岡工場(同郡富岡町富岡工業団地)とも、福島原発に近接しており、避難対象地域に含まれている。そのため、現時点では操業再開のメドが立っていない。

茨城県桜川市西小塙にあるTOTOウォシュレットテクノの茨城工場は、建屋の一部に損傷があるものの、生産に支障を来たすほどではないという。ただ、断水のために16日現在、生産を停止している。

そのほか、関東圏で実施されている計画停電により、茅ヶ崎工場(神奈川県茅ヶ崎市本村)、TOTOハイリビングの茂原工場(千葉県茂原市本納)、TOTOバスクリエイトの佐倉工場(同佐倉市大作)、TOTOプラテックの勝浦工場(同勝浦市松野字蓮ケ台)については、生産・出荷が遅れる可能性があるという。

TOTOでは、張本邦雄社長を本部長として、福岡県北九州市の本社内に対策本部を設置。すでに、東北、関東圏で働く従業員の安否確認を済ませており、全員の無事を確認している。現在は、避難対象となったセラミック2工場の従業員に対し、避難場所の手当てを行っているほか、生産体制の復旧に向けた準備を進めている。

また、被災地の復興に向けて、グループとして1億円の義援金を寄贈することを決めた。そのほか、ウォシュレットテクノ社が茨城工場のある桜川市に別途100万円を寄贈する意向だ。

(猪澤 顕明 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT