名港海運は仙台港壊滅で東北方面の自動車輸送業務が停止。復旧メドは不透明【震災関連速報】

名港海運は仙台港壊滅で東北方面の自動車輸送業務が停止。復旧メドは不透明【震災関連速報】

名古屋港を本拠とする港湾運送大手、名港海運は、仙台港に近接する仙台営業所(宮城県仙台市宮城野区)が東日本大震災に伴う津波の被害に遭い、業務停止を強いられている。

同営業所は、名古屋港からフェリーで仙台港に輸送した自動車を東北地方に配送する協力運送会社・三陸運輸(本社・宮城県塩釜市)に引き継ぐ拠点だが、地震後に押し寄せた津波で事務所のOA機器や営業車等が水浸し状態になった。営業所員2人は津波到達前に間一髪で避難し、無事を確認できたが、事務所が機能停止に陥ったため仙台市内の高台にある社宅を仮事務所として見舞いに回るなど、顧客フォローに当たっている。

仙台港が壊滅的な打撃を受けた結果、営業所復旧のメドは立っていない。東京電力の計画停電が東京支店など関東拠点の社員の出退社や業務に影響を及ぼすのも懸念材料。ただ会社幹部は「むしろ国内製造業の生産に支障が出て輸出量が減ることが何より心配される」と話している。

(内田 史信 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT