帝国繊維の栃木・鹿沼工場は損壊なく通常操業、ホース、防災関連品に注目集まる【震災関連速報】

帝国繊維の栃木・鹿沼工場は損壊なく通常操業、ホース、防災関連品に注目集まる【震災関連速報】

老舗繊維メーカー、帝国繊維が東日本大震災で受けた被害は軽微だったようだ。主力商品であるホースの製造を担う鹿沼工場(栃木県鹿沼市府所本町)は、地震による損壊もなく週明け14日から通常通り操業している。

帝国繊維には、排水用ホースについて官公庁からの問い合わせが増加している。被災地の排水活動が想定されたもので、納品可能日等の案内を随時行っているという。また、同社では商社子会社の帝商を通じて救助用器具や非常食などの防災関連品も取り扱っており、購入依頼が増えている。

ただ、非常食等では一部で在庫払底状態の商品出始めており、要請に応じきれない状況も出ているという。ホースと異なり自社生産商品ではないため、詳細な納品日などは示せないが、出荷日のメドなどを提供するなど対応を採っている。

(鈴木良英 =東洋経済オンライン)

 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。