有料会員限定

バイデンの対中輸出規制は半導体で終わらない 「中国との競争に勝つ」ことが最優先課題に

✎ 1〜 ✎ 243 ✎ 244 ✎ 245 ✎ 最新
拡大
縮小
演説するバイデン大統領
「産業のコメ」である半導体を武器に、米国の対中強硬姿勢が増している(写真:AP/アフロ)

バイデン政権が10月7日に発表した半導体の対中輸出規制は、米国だけでなく他国からの輸出にも網をかける異例の内容となった。その土台となった新しい国家安全保障戦略では「中国との競争に勝つ」ことが最優先のグローバル課題とされている。

商務省で産業安全保障を担当するエステベス次官は今回の規制を「いつもの」措置と呼んだが、そんなことはない。トランプ政権がファーウェイという個別企業を輸出規制の対象としたのに対し、バイデン政権は中国の半導体業界を丸ごと規制対象とし、同盟国を同様の措置に引き込もうとしている。

対中輸出規制の強化

バイデン政権の狙いは、先端半導体の調達、スーパーコンピューター(スパコン)の開発・維持、人工知能(AI)に使われる高性能半導体の製造で中国の能力に制約を加えることにある。

次ページ厳しい輸出規制の第3層、第4層
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内