KYBは生産拠点の被害軽微だが取引先の被災が懸念【震災関連速報】

KYBは生産拠点の被害軽微だが取引先の被災が懸念【震災関連速報】

油圧機器を製造するカヤバ工業(KYB)が、東日本巨大地震で受けた被害は軽微だったようだ。

主力の岐阜工場(岐阜県可児市)は影響なく、相模原工場(神奈川県相模原市)と熊谷工場(埼玉県深谷市)では壁にヒビが入ったり、揺れで設備が動いたりしたものの、物理的、人的な被害は軽微だった。

相模原と熊谷工場はすでに設備点検を終え、16日から操業を再開した。

ただ、KYBの業績を牽引していた建機向けの油圧部品を製造する相模原工場は計画停電の対象地域。納品先の建機メーカーや部品サプライヤーも被災の影響が大きく、業績への影響が懸念される。

(松浦 大 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。