KYBは生産拠点の被害軽微だが取引先の被災が懸念【震災関連速報】

KYBは生産拠点の被害軽微だが取引先の被災が懸念【震災関連速報】

油圧機器を製造するカヤバ工業(KYB)が、東日本巨大地震で受けた被害は軽微だったようだ。

主力の岐阜工場(岐阜県可児市)は影響なく、相模原工場(神奈川県相模原市)と熊谷工場(埼玉県深谷市)では壁にヒビが入ったり、揺れで設備が動いたりしたものの、物理的、人的な被害は軽微だった。

相模原と熊谷工場はすでに設備点検を終え、16日から操業を再開した。

ただ、KYBの業績を牽引していた建機向けの油圧部品を製造する相模原工場は計画停電の対象地域。納品先の建機メーカーや部品サプライヤーも被災の影響が大きく、業績への影響が懸念される。

(松浦 大 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。