NOKのオイルシールの主力2工場が復旧のメドたたず、自動車業界に懸念の声も【震災関連速報】

NOKのオイルシールの主力2工場が復旧のメドたたず、自動車業界に懸念の声も【震災関連速報】

油漏れを防ぐオイルシールを製造するNOKが、東日本大震災の直後から生産を停止している福島県内の2工場は、16日午後の時点で復旧のメドが立っていないもようだ。自動車に欠かせない部品の供給が停止している事態に、関係者の懸念も高まりつつある。

震災の影響で操業が止まっているのは、福島事業場(福島県福島市永井川字続堀)、二本松事業場(福島県二本松市宮戸)。現地では停電が続いており、現状確認もままならないという。

NOKはエンジンを含め自動車の至る所に使われているオイルシールを生産しており、1台の自動車に搭載される製品は約200点以上。国内シェアは7割を超えており、大半をこの2工場で生産していた。

既に取引先のメーカーからは「NOKからオイルシールがこないので生産を止めざるを得ない」と声が上がっている。

(松浦 大 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。