NOKのオイルシールの主力2工場が復旧のメドたたず、自動車業界に懸念の声も【震災関連速報】

NOKのオイルシールの主力2工場が復旧のメドたたず、自動車業界に懸念の声も【震災関連速報】

油漏れを防ぐオイルシールを製造するNOKが、東日本大震災の直後から生産を停止している福島県内の2工場は、16日午後の時点で復旧のメドが立っていないもようだ。自動車に欠かせない部品の供給が停止している事態に、関係者の懸念も高まりつつある。

震災の影響で操業が止まっているのは、福島事業場(福島県福島市永井川字続堀)、二本松事業場(福島県二本松市宮戸)。現地では停電が続いており、現状確認もままならないという。

NOKはエンジンを含め自動車の至る所に使われているオイルシールを生産しており、1台の自動車に搭載される製品は約200点以上。国内シェアは7割を超えており、大半をこの2工場で生産していた。

既に取引先のメーカーからは「NOKからオイルシールがこないので生産を止めざるを得ない」と声が上がっている。

(松浦 大 =東洋経済オンライン)

人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
GPIF運用改革の課題<br>ESG投資に乗り遅れるな!

厚生年金と国民年金の積立金約156兆円を運用するGPIF。アベノミクス初期に行われた運用改革が第2幕に突入。主眼はESG投資の拡大だ。ESG投資に出遅れる日本は変われるのか?