NOKのオイルシールの主力2工場が復旧のメドたたず、自動車業界に懸念の声も【震災関連速報】

NOKのオイルシールの主力2工場が復旧のメドたたず、自動車業界に懸念の声も【震災関連速報】

油漏れを防ぐオイルシールを製造するNOKが、東日本大震災の直後から生産を停止している福島県内の2工場は、16日午後の時点で復旧のメドが立っていないもようだ。自動車に欠かせない部品の供給が停止している事態に、関係者の懸念も高まりつつある。

震災の影響で操業が止まっているのは、福島事業場(福島県福島市永井川字続堀)、二本松事業場(福島県二本松市宮戸)。現地では停電が続いており、現状確認もままならないという。

NOKはエンジンを含め自動車の至る所に使われているオイルシールを生産しており、1台の自動車に搭載される製品は約200点以上。国内シェアは7割を超えており、大半をこの2工場で生産していた。

既に取引先のメーカーからは「NOKからオイルシールがこないので生産を止めざるを得ない」と声が上がっている。

(松浦 大 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。