日本高周波鋼業は子会社の八戸工場が津波で一部冠水、停電影響で操業再開は未定【震災関連速報】

日本高周波鋼業は子会社の八戸工場が津波で一部冠水、停電影響で操業再開は未定【震災関連速報】

工具鋼など高級特殊鋼メーカーの日本高周波鋼業は、子会社の高周波鋳造(青森県八戸市沼館)が東日本大震災の津波で冠水しているうえ、停電の影響もあり操業停止状態が続いている。
 
 高周波鋳造は、グループ唯一の鋳物製造拠点。球状黒鉛鋳鉄、ねずみ鋳鉄、合金鋳鉄などの鋳鉄製品を製造している。八戸は他地域より遅れて津波が襲来、モーター関係の一部設備が冠水した。地震直後に操業を停止し、避難を開始。自宅待機としたこともあり、人的被害はゼロだった。冠水した設備も代替が容易なもので、現在は清掃も進んでいるが、停電が続くなか操業が再開できずにいる。操業再開にはインフラの整備がカギとなりそうだ。
 
 一方、グループの金型・工具事業を担当する高周波精密(千葉県市川市東浜)も、地震直後に退避勧告が出たこともあり操業を停止。ただ、設備被害は軽微であり、週明けの14日より操業を再開している。

日本高周波鋼業本体の特殊鋼工場は富山にあり、操業は平常どおり。被災した両工場も、電力供給が操業のカギを握る状況となっている。

(山内 哲夫 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT