薬王堂は岩手県、宮城県の9店舗が再開困難。営業店舗も品薄状態【震災関連速報】

薬王堂は岩手県、宮城県の9店舗が再開困難。営業店舗も品薄状態【震災関連速報】

岩手県を地盤とする独立系ドラッグストアの薬王堂は16日、東日本大震災の被害状況について明らかにした。同社によると、全130店中、岩手県、宮城県の9店で地震や津波による建物損壊、浸水等の甚大な被害が生じており、営業再開は困難だという。

閉鎖しているのは、岩手県の6店(宮古磯鶏、岩手山田、岩手大槌、釜石鵜住居、大船渡須崎、高田)、宮城県の3店(気仙沼鹿折、気仙沼赤岩、宮城志津川)で、いずれも地震、津波被害の大きかった地域。立ち入り禁止区域だったり、通信が遮断されていたりするため、従業員の安否含め詳細な情報はまだ判明していないという。

営業を行う121店舗でも、相次ぐ余震による商品の散乱や停電の影響で店頭だけで販売しているケースもある。全体的に品薄状態が続く中、食料品や乾電池、カセットコンロのガスボンベなどがとりわけ売れている。また粉ミルク、おむつなど乳幼児用品や女性の生理用品などのニーズも大きいという。

同社は東北地方に集中展開しており、岩手県65、宮城県27、青森県18、秋田県17、山形県3の店舗網を持つ。物流センターは岩手県矢巾町の本社隣に構えるが、地震による被害は生じていない。

(風間 直樹 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT