TPRは被害軽微、被災の山形工場もすでに正常稼働【震災関連速報】

TPRは被害軽微、被災の山形工場もすでに正常稼働【震災関連速報】

エンジン部品メーカーのTPR(帝国ピストンリング)が、東日本大震災で受けた被害は軽微だったようだ。

TPRのグループ企業で、エンジン部品の一つであるシリンダライナを製造するテーピ工業(山形県寒河江市中央工業団地)が被災したが、建物、設備、従業員などには物理的な損害はなかった。

ピストンリングを製造する長野工場(長野県岡谷市神明町)に影響はなかった。すでにテーピ工業は設備の点検を終え、15日から通常通り操業している。

(松浦 大 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT