大和ハウス工業は東北で一部営業再開だが福島県内などは原発事故影響も【震災関連速報】

大和ハウス工業は東北で一部営業再開だが福島県内などは原発事故影響も【震災関連速報】

大和ハウス工業は、東日本巨大地震で被災した東北地方の営業拠点で営業を順次再開した。ただ原発事故が発生した福島県の拠点については、一部社員の出社を控えている。また、宮城県大崎市の東北工場については操業を停止しており、管轄エリアへの製品が必要な場合は他工場でカバーする。

被害を受けたのは、仙台支店(宮城県仙台市泉区)、福島支店(福島県郡山市)、福島営業所(福島県福島市)、いわき営業所(福島県いわき市)、岩手支店(岩手県盛岡市)、北上営業所(岩手県北上市)。建物に損傷などがあるものの、15日時点で社員が出社して一部の顧客の問い合わせに応じるなど部分的に営業を再開している。

ただ、福島県の3拠点については、県内にある東京電力福島第1原子力発電所の事故と周辺地域の避難措置に伴い、出社社員数を減らしている。東北工場は戸建て住宅、賃貸住宅、事業用建築の建材・部材加工拠点で東北、北海道への供給を担当している。

(鶴見 昌憲 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT