日本山村硝子の宇都宮、相模原、熊谷の3工場が操業停止、宇都宮は復旧メド立たず【震災関連速報】

日本山村硝子の宇都宮、相模原、熊谷の3工場が操業停止、宇都宮は復旧メド立たず【震災関連速報】

ガラス瓶製造最大手の日本山村硝子は、東日本大震災の影響で宇都宮工場(宇都宮市清原工業団地)、東京工場(神奈川県相模原市緑区大山町)、埼玉工場(熊谷市御稜威ヶ原下林)の3工場が操業停止に追い込まれている。

地震発生の11日には東京・新宿の本社に展示されていたガラス瓶のほとんどが割れて散らばった。ただ、工場の社員を含め、全社員の安全は確認済みだ。

しかし、3工場の中でも宇都宮工場の製造ラインの損傷がひどく、復旧のメドがたっていない。比較的被害が軽い東京工場と埼玉工場を優先して復旧作業を開始しているが、物流ルートにも影響が出ているため、製造が開始されても円滑な供給に支障を来す可能性がある。

3工場は洋酒や化粧品など向けのガラス瓶の生産を主力としており、一部でPETボトルも製造している。操業停止が長引いたり、操業が再開したとしても円滑に供給できなかたりすれば、納入先のメーカーに悪影響を及ぼす懸念も出てきかねない。

日本山村硝子は引き続き一刻も早くさらなる損害の詳細を解明するため、全力で取り組んでいる。

(張 子渓 =東洋経済オンライン)

 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。