SUMCOは米沢工場の操業停止長引けば九州で代替生産か【震災関連速報】

SUMCOは米沢工場の操業停止長引けば九州で代替生産か【震災関連速報】

半導体や太陽電池の基板材料となるシリコンウエハの大手であるSUMCOは、東日本大震災直後から操業を停止している米沢工場(山形県米沢市八幡原)の稼働再開に一定の時間を要する可能性があることから、九州地区の工場で検討している代替生産が有力案となっている。

米沢工場はシリコンウエハの結晶などを生産する拠点。震災による設備や建物の被害は軽微だったが、現地では余震が続き安全点検作業が順調に進んでいないという。今後も大規模な余震が発生するおそれも否定できないうえ、物流の混乱も予想されることなどから、SUMCO自身も米沢事業所の操業再開には慎重な姿勢もあるようだ。

米沢事業所の操業停止が長引く場合は、同様の製品を製造している九州地区の伊万里工場(佐賀県伊万里市)や佐賀工場(佐賀県杵島郡江北町)での代替生産に踏み切る可能性がある。SUMCOは震災直後からこの案を検討しており、早ければ今週中にも方針を決める。

(武政 秀明 =東洋経済オンライン)

 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • 就職四季報プラスワン
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。