ミクニは盛岡など被災3工場の一部でライン稼働が再開【震災関連速報】

ミクニは盛岡など被災3工場の一部でライン稼働が再開【震災関連速報】

燃料制御機器を製造するミクニは15日、東日本大震災の直後から操業を停止していた3工場について、一部ラインで稼働を再開したと発表した。

ミクニグループで被災したのは盛岡事業所(岩手県滝沢村)、大釜工場(同)、株式会社ミクニエーム(岩手県盛岡市)の3工場。一部工場で壁が破損したが、従業員には被害は無かったもようだ。

ミクニはこの3工場でガスの安全立ち消え装置や電磁弁などを製造している。売り上げの8割以上を占める2輪や4輪向けの燃料制御装置は菊川工場(静岡県菊川市)で製造しており、東日本大震災による影響は無かった。

(松浦 大 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?