ミクニは盛岡など被災3工場の一部でライン稼働が再開【震災関連速報】

ミクニは盛岡など被災3工場の一部でライン稼働が再開【震災関連速報】

燃料制御機器を製造するミクニは15日、東日本大震災の直後から操業を停止していた3工場について、一部ラインで稼働を再開したと発表した。

ミクニグループで被災したのは盛岡事業所(岩手県滝沢村)、大釜工場(同)、株式会社ミクニエーム(岩手県盛岡市)の3工場。一部工場で壁が破損したが、従業員には被害は無かったもようだ。

ミクニはこの3工場でガスの安全立ち消え装置や電磁弁などを製造している。売り上げの8割以上を占める2輪や4輪向けの燃料制御装置は菊川工場(静岡県菊川市)で製造しており、東日本大震災による影響は無かった。

(松浦 大 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。